錆びた鉄橋の向こうはアメリカ2018年04月25日 09時58分


錆びた鉄橋の向こうはアメリカ

錆びた鉄橋の向こうはアメリカ

横浜港湾地区にある錆びた鉄橋。今わ使われていない、米軍施設への引込み線の跡。橋の周辺は少しだけ、アメリカのような雰囲気が漂っていました。

その昔、リスフィルムに何度も焼き付けを繰り返して、トーンセパレーションなどの特殊技法の研究をよくしたものですが、デジタル時代の今はエフェクターで簡単に思い通りにできてしまうのが凄いです。
とはいえ、限度を超えると写真とは別のものに。
HDRしかり、こうした技法は、すぐに見飽きてしまいますね。

国道駅2018年04月24日 20時35分


国道駅

国道駅

国道駅

JR鶴見線「国道駅」。学生の頃から、ずっと気になっていた場所で、国道15号線を通るたび遠目に眺めていたのですが、駅を取り巻く独特の雰囲気に、なかなか足を踏み入れられずにいました。

横浜からの仕事帰りに、初めて立ち寄ってみました。ガード下に続くアーチ型の通路と改札前の赤ちょうちん。昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな光景が広がっていました。

2000年まであと数日という日の夜に、隣の鶴見小野駅から鶴見線に初めて乗ったときのことを思い出しました。確か汐田病院だったかな。
熱性痙攣と気付かずに救急車を呼んでしまった私が悪いのですが。
上着を持たずに飛び出したので、帰りはめちゃくちゃ寒かった記憶が。

鎚起銅器のぐい呑2018年04月23日 21時50分

鎚起銅器
あるテレビ番組を見ていたら、数年前に新潟の地酒を鎚起銅器のぐい呑で頂いたときの余韻が新鮮に蘇ってきました。言葉で表現するのは難しいのですが、熱伝導率だけではない繊細な感触がお酒の味わいを格段に引き立ててくれます。日用品というにはいささか高級ですが、お酒を楽しむには最高の一品だと思います。鎚起銅器の職人技に感銘を受けました。

怖いガード2018年04月22日 15時19分


怖いガード

怖いガード

おそらく、京王線で最も怖いガードだと思います。(日本でも最強クラスに違いない)。自宅から割と近い場所にあり、生活道路としても使用しています。横幅は人一人がやっと通れるほどで、170cm位の身の丈ならば辛うじて身を屈めずに済む高さです。何より怖いのは、ガード下から線路がバッチリ見えること。(防護ネットあり)^^;  なので、左右を見て電車が来ていないことを確認してから通り抜けなければ、とんでもない恐怖に晒されるでしょう。ちなみに特急や準特急ならば、ここを100Km以上のスピードで走り抜けていきます。

京王線つつじヶ丘駅と柴崎駅の途中にあります。興味のある方は調べてみてください。^^ 俗称「タイヤ公園」付近です。

昨日は、特売のワインを求めてクロスガーデンまで。少し奮発してサンタ・プレミアムを買おうと思ったけど、結局、いつものサンタ(カルメネール&プティ・ヴェルド)に。でも、近隣スーパーのどこよりも安かった。

インスタ2018年04月20日 18時29分

ゴールデン街
写真は、ゴールデン街の一角。あの独特の空気感がたまりません。

インスタを見ていて思うのは、ひとつに特化した作品の上手いこと。もちろん、なかにはプロもいるけど、全般的に写真のレベルが高いです。東京◯◯◯部の作品は好きじゃないけど、目を見張る画像も多々あります。最近、メーカーや企業なんかともコラボしているようだし、我々も古い概念を捨てなければ生き残れないかもです。
ブログパーツUL5