額装2016年09月27日 09時03分

額装
とりあえず、額装してみました。サイズ的なバランスはなかなかかな。フレームが大きすぎると絵が貧弱に見えてしまうし。
フレームの色はシックな感じでよかったけど、マットはオフホワイトの方が絵は引き立ちそうです。2枚合わせても千円しないフレームだけど、なかなかの高級感を醸し出しています。^^ 
気が向いたら、マットだけ変えよっと。

右側の梓川と常念岳の絵もなかなか素敵。

木版画2016年09月25日 15時05分

木版画
「道の駅白馬」に立ち寄るたびに、心惹かれて買っていた白馬村周辺を題材にした木版画のポストカード。数年前に立ち寄ったときには、置いてなかったので気になっていました。
最近になって調べてみたら、作者の方はすでにお亡くなりになられていたようです。白馬村神城にあるショップの方へ、直接行ってみればよかったと、今更ながら後悔しています。

『深空』と題された、白馬三山と秋色のカラマツ林の作品が、とくに気に入っています。

料理の撮影2016年09月23日 09時06分

ヤシオマス
『リゾートホテル 益子館』さんで料理撮影。写真の一品、ヤシオマスの芳醇な旨味が爽やかなドレッシングと調和して、とても美味しかったです。
撮影後は、フルコースの夕食をご馳走になりました。豪華な料理のなかに出された、山形出身の料理長が作る「芋煮」の素朴な味わいが印象的でした。

山行計画2016年09月21日 08時45分


大天井岳からの眺め

数年前に行った、北アルプス「大天井岳」からの眺め。右側の稜線は燕岳から続く表銀座の縦走路。画面中央、高瀬ダム湖の背後に鎮座する針ノ木岳。その直近の山塊は立山連峰。そして左側の稜線が憧れの裏銀座縦走路。長野県側から北アルプス最深部、水晶岳、鷲羽岳、雲ノ平方面へ行くにはこのルートを通ることになります。

裏銀座縦走路の峰々

裏銀座縦走路の峰々。(山名?? たぶん合っていると思います。)
いつか、この稜線を歩いてみたいです。

北アルプス三大急登の「ブナ立尾根」を登り、裏銀座を縦走して雲の平と黒部川源流を目指し、黒部五郎岳、薬師岳を周って富山県側「折立」に抜ける長大なルート。最短でも4泊ほどの工程になるので、時間的にも金銭的にもハードルが高いです。身軽に動きたいから小屋泊だろうし。

いつになるかわからないけど、計画を立てるだけでも、ワクワクと楽しい気持ちになれます。^^

シャッターチャンス2016年09月16日 09時25分

シャッターチャンス
江ノ電の車窓から写した一枚。私のお気に入りの写真です。窓を打つ雨粒と海を撮ろうとしていたら、絶妙なタイミングで134号線を並走するVWビートルがフレームイン。

こうしたスナップ写真をたくさん撮ってきたけど、そのほとんどはハードディスクの中に埋もれたままです。
いつかは作品として形にしたいけど、なかなか難しいものです。
ブログパーツUL5