白馬岳登山72015年08月12日 08時37分


船越ノ頭に続く道
船越の頭に続く、歩きやすく快適な道。

白馬大池
眼下に佇む、白馬大池。

栂池自然園俯瞰
栂池自然園を俯瞰。その昔、中学の頃に学校の自然学習で行った記憶があります。白馬岳から栂池には、2度ほど下山しています。

白馬大池の分岐
蓮華温泉方面と栂池方面の分岐点。登山届には蓮華温泉に下山と記していましたが、ギリギリまで、蓮華温泉か栂池か悩んでいました。

天狗の庭からの眺め
天狗の庭からの眺望。先ほど通過した、小蓮華山の頂に雲がかかり始めていました。先ほどまで見下ろしていた雪倉岳も見上げるような高度になっています。

蓮華温泉ロッジ
蓮華温泉ロッジ。有名な露天風呂に行きたかったけど、暑さのため内風呂だけで済ませました。噂通りの良いお湯でした。
やはり、下山地が温泉というのは良いものです。
ここからバスで糸魚川まで行きました。今回の山行は、これでお終い。

コメント

_ Patagon65 ― 2015年08月13日 18時28分49秒

F45さん、こんにちわ。
つい最近、カメラと写真に興味を持ち出して、時々、ブログを拝見しています。

白馬からのすばらしい写真に感激です。
40数年前、最初の北アルプス山行が後立山連峰縦走で、汗と涙で大雪渓を歩いたのが昨日のようです。天候が良かったのは覚えていますので、多分、写真にあるような夕焼けと日の出を見たと思うのですが記憶が?です。

山小屋泊なら、行けるかなと思う次第です。

_ f45 ― 2015年08月13日 22時52分35秒

Patagon65さん  

ブログと写真を見ていただき、ありがとうございます。
白馬岳は故郷の山で、この数年、里帰りの途中に登っています。(写真撮影より、山登りがメインです。)子供の頃から眺めていたので、思い入れが強く大好きな山です。

今回は、大雪渓の途中からガスに包まれてしまい、景色は諦めていたのですが、夕方になって突然視界が開け、美しい夕焼けが目の前に広がりました。
こうしたドラマチックな光景に出会えるのは、苦労して登ったことへのご褒美だと思っています。写真には撮らなかったのですが、満天の星空も素晴らしかったです。
そして、山小屋での出会いも素敵なものですね。
今回のルートは危険な場所も少なく、天気が良ければ気持ちの良い稜線歩きができますよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
わたしの使っているカメラのメーカーは? (カタカナで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koji-matsukura.asablo.jp/blog/2015/08/12/7731716/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。