大好きな山域と稜線2020年04月07日 09時42分


大好きな山域と稜線
雲海の向こうには、南アルプスと八ヶ岳、富士山が見えています。
まさに日本の屋根という景色です。白馬岳山頂からの眺望。

大好きな山域と稜線
小蓮華山へつながる稜線。長野県と新潟県を隔てる尾根筋。新潟側はなだらかですが、長野側は白馬岳と同様に鋭く切れ落ちています。

大好きな山域と稜線
馬の背付近から北側の眺望。鉢ヶ岳、雪倉岳、左の先には、北アルプス最北端に位置する朝日岳が雲海に頭を出しています。雲がなければ、日本海が眼前に広がって見えるのですが。この先の三国境は、長野県と富山県と新潟県の境界。

大好きな山域と稜線
小蓮華山の稜線から見た白馬三山と後立山連峰。素晴らしい眺望を楽しみながらの稜線歩きは最高です。チングルマのお花畑。

大好きな山域と稜線
小蓮華山と稜線の道筋。なだらかで、とても歩き易い稜線が続きます。

ここ2年は、山に行けていない状況です。仕事と日程が合わなかったり、行けると思えば天候不順だったりとタイミングが合わず。今年はどこかに行きたいのですが、コロナ禍の影響でどうなるやら。
とりあえず、長距離を歩けるように少しずつトレーニングに励んでいます。非常事態宣言が解除されたら、陣馬山でも行ってこようかな。

写真は数年前に白馬岳に行ったときの写真です。最後に白馬岳に行ったときは、濃いガスと強い雨の中をほぼノンストップで栂池まで歩いた、修行のような山行でした。登山は、やはり晴天がよいですね。

次に白馬岳に行くときは、祖母谷温泉・欅平方面に下りるのも面白いかも。でも、距離は凄く長そう。夏場に樹林帯が長いのはきついかな。
行く行かないは別として、登山の計画を立てるだけでも楽しいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
わたしの使っているカメラのメーカーは? (カタカナで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koji-matsukura.asablo.jp/blog/2020/04/07/9232619/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。