1980年代終盤の大糸線2020年04月15日 21時24分


1980年代の大糸線

1980年代の大糸線

1980年代終盤の大糸線。おそらく頚城大野駅だったと思います。
列車と入れ違いでおばあさんが糸魚川方面に歩いていきました。^^
この頃は、ニコンFM2にネオパンSSを入れて撮影していたようです。
上の列車の写真は、思いっきり後ピンですが。汗
フィルムの現像は、原液のD-76現像液だったと思います。

すでに、『急行 白馬』は走っていなかったのかな。急列車行の車両が普通列車として走っていました。急行白馬は、松本まで何度か利用しています。糸魚川で『急行しらゆき』と分離して3両編成で大糸線を走ります。
しらゆき・白馬が入善駅に停まるようになったのは、いつ頃だったかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
わたしの使っているカメラのメーカーは? (カタカナで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koji-matsukura.asablo.jp/blog/2020/04/15/9235799/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。