薄磯海岸2020年06月03日 08時55分

薄磯海岸
ある実証実験の記録撮影で福島に。第一原発から直線距離で15Km程の場所。住民の避難は解除され日常が戻ったかのように見えても、除染されていない山林の土壌は、依然として高い線量を示していました。
セシュウム137の半減期は30年。人の記憶は薄れていくけど、放射線は長い期間残り続けます。条件付きということですが、除染なしで避難解除が可能になるとか。少し心配になります。

写真はいわき市の薄磯海岸。文面とは無関係です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
わたしの使っているカメラのメーカーは? (カタカナで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koji-matsukura.asablo.jp/blog/2020/06/03/9253786/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。