せせらぎ2023年07月01日 22時22分

せせらぎ
河川改修とこのところの大雨で川の流れが変わり、せせらぎが部屋に響くように。今朝、夢現にせせらぎの音に癒されていたら、カワセミのけたたましい声に目が覚め。その後はアオサギ、見るとコサギに対してキレていたよう。

野川の水が透明できれい。子供たちの歓声が心地よく。おバカさは、いつの時代も変わらぬのだと。思わず、飛び込みたい衝動にかられ...。

MSCベリッシマ2023年07月02日 23時55分

MSCベリッシマ
午前は空手の稽古。指導員反省会はノンアルで。夕方からは仕事で、横浜大黒埠頭へ。MSCベリッシマが停泊中、まるでビルのような巨大さ。指導員反省会では、数日前に飛鳥IIのクルーズへ行った師範の話で盛り上がっていたけれど、飛鳥IIを遥かにしのぐ凄さを感じる船でした。

ベイブリッジ下段を通る、一般国道(R357)を初めて渡りました。
上段の首都高速湾岸線は、何度も通ったことがあるのだけれど。
R357が開通したのはかなり前のことだろうけど、とても便利になった気がします。

入道雲2023年07月11日 18時50分

入道雲
夕方、北側の窓の向こうに大きな入道雲。まだまだ発達しそうな様子。昨日の夕方、車窓から見えたのはもっと大きかったけれど。夜は稲光と風が凄かった。

相変わらずドタバタと。気がつけば、7月も2週目。

風鈴の音色2023年07月12日 17時41分

風鈴の音色
涼を求め、今年も江戸風鈴を吊し。

風鈴の音色に癒されながら、ベランダで夕涼み。
縁台が欲しいところだけれど、邪魔だと却下されそう。

風鈴の音色は不思議。ふと、記憶の中の情景が呼び覚まされるような。

吊るすのは、そよ風のときだけ。時折、鳴るのほうが風情があります。風が強いと騒音になりそうだし。

特急「白鳥」2023年07月15日 22時37分

特急「白鳥」
ニコンの一眼レフカメラを手にして、初めて撮影した被写体。中学生では撮れるものが限られて。女の子でも撮れば良かったのだろうけど。当時はそれも厳しく..。

特急「白鳥」は北陸線のエース的な存在。青森から大阪までの昼行長距離列車。停車駅も他の特急よりも少なく、直江津の次は富山。1日1往復なのも特別な存在感が。でも、好きなのは、信越線経由で上野に行く、特急「白山」だったけれど。急行「しらゆき・はくば」も格好よかったな。

カラーネガを複写したけれど退色が酷すぎて、ここまでの色再現が限界。まあ、40年前のカラーネガだから仕方ないけれど。

ニコンEM Aiニッコール 50mm F1.8s フジカラー100