5割程度か2020年07月14日 08時35分



料理写真

料理写真

料理写真

ぽちぽち仕事はしているけど、仕事の全体量としてはコロナ禍前の5割程度。100%の復活を望むのは難しいかもしれません。でも、以前と比べてお金は掛からなくなっているので、なんとか凌げるか。

窓から差し込む自然の光を再現するのは難しい。光源をスリット状にして、さらに低めから入れられる工夫が必要なようです。やはり、自然の光は偉大。ただし、雰囲気を重視しすぎて、陰影がキツくしすぎると美味しそうに見えないし。バランスが難しいです。

ワインとソーセージ2020年05月16日 13時20分

CH オーグルロ
CH オー グルロ
成城石井ではリーズナブルなワインですが、コスパの高い一本です。

成城・城田工房のソーセージ
成城城田工房

以前は狛江ハイタウンの近くにあったお店が、きたみふれあい広場の脇に引っ越してお洒落な雰囲気に生まれ変わっています。
実はソーセージ以外買ったことは無いのですが、病みつきになる味わいで、ときどき無性に食べたくなります。ワインとの相性も抜群。

以前、朝日新聞デジタルでも紹介されています。

成城城田工房

写真は光2020年05月09日 13時34分

写真は光
「光を制する者は写真を制す」。持論ですが、まんざら間違いでもないと思います。被写体に応じて、光の方向や光質を変えて立体感と質感を表現する。自然光でも同じこと。何よりバランスが重要。とは言え、一筋縄ではいかないのが難しいところなのです。

真俯瞰2020年05月08日 21時03分

真俯瞰
和食の真俯瞰撮影、オーナー様のコーディネート。イタリアンや洋食では時々やるけど、和食もいけるかもしれません。

バリアングル液晶はいらないと思っていたけど、こんなときに役立ちますね。

2020年04月30日 18時58分


鮨

鮨

鮨

久しぶりに仕事をさせていただきました。4月に入ってから2本目の撮影です。ここまで仕事がないのは、ここ10年で初めてのことです。ちなみに前年の4月の売り上げと比べてみたら、なんと2割以下。
この状況が、あと2、3ヶ月続いたなら、絶望的な感じになります。
とりあえず、ある仕事は確実にこなしていくしかない状況です。

飲食業界もテイクアウトに生き残りをかけているようです。
だけど、客が絶えない高級店はやはり凄いです。