からし菜と桜と散歩2021年04月02日 09時12分


からし菜と桜

からし菜と桜

からし菜と桜

散歩にでかかけようと思い立った時点で15時を過ぎていたので、往復5キロ程度の距離で桜の見れる場所を考えたら、コロナ禍前まで桜のライトアップがされていたスポットが思い浮かび、そこで折り返すつもりで出発しました。久しぶりの散歩は心地よく、中央高速を超えたお花見の名所まで歩いてきました。あと1時間早く出られたなら、野川公園まで行く気になれただろうけど。

花吹雪と花筏2021年04月01日 18時32分


花筏

花筏

花吹雪

散り際の桜も風情があります。桜吹雪となり舞う花びらに、野川の水面が染まっていました。夕方、お花見がてら野川を少し歩いてきました。

石神井公園の桜2021年03月24日 22時11分

ヤマザクラ
ヤマザクラ

桜と水面

陽気に誘われて、仕事帰りに石神井公園を散策。緑が芽吹き景色もだんだん春めいてきています、桜(ソメイヨシノ)は、五分咲きといった感じでした。上の写真はヤマザクラ。

窓辺にて2021年02月09日 09時39分

窓辺にて
かみさんが小樽で買ってきた小さな花瓶。以前、同じく小樽で息子が買ってきたのは、しょうゆ差しだったことが判明。何故、しょうゆ差し...。形状からして、焦点を結ぶことはないとは思うけど、窓辺に置くときには、収れん火災にならないように注意をしなければ。

コロナ禍で、セミナーやイベントが開催できない日本写真家協会ですが、Webでいろんな企画を公開しています。なかでも国際委員会の『表現者たち』という特集が目を引きます。

『聖なる土地の光を追って』写真家・井津健郎氏
Vol.3:https://www.jps.gr.jp/kokusaikikaku03/

晩夏2020年08月16日 20時13分

晩夏
夕立あとの涼しい風を受け、ベランダで夕涼み。どこからともなく聞こてくる江戸風鈴の音色が心地よいです。日中のセミの喧騒を忘れさせるかのような虫の音が、季節の移ろいを感じさせます。