新型コロナウイル感染症2020年04月13日 14時29分

新型コロナウイル感染症
COVID-19という名称が発表された日、国立感染症研究所で政府系冊子の撮影をしていました。その時点では、非常事態宣言が発令されるほど、国内に新型コロナウイルス感染が広がるとは想像もしていませんでした。グローバルの時代、ウイルスが世界中に蔓延するスピードの早さに驚きを感じます。

おそらく、今週も仕事はないでしょう。このままでは、昨年の4月の売り上げの1/10以下になるのは確実。仕事のキャンセル分だけでも、すでに国の給付金額を軽く超えてしまっています。救いの種は、息子が大学を卒業し就職したので、お金がかからなくなったことです。この状況が去年だったとしたなら、落ついてはいれなかったはずです。なんとか、5月までに明るい兆しが見えればよいのですが、それ以上続くとなると生活にも支障がでかねません。

白馬ジャンプ台2019年08月19日 08時55分

ジャンプ台から白馬村の眺望
白馬ジャンプ台

ラージヒルジャンプ台の最上部
白馬ジャンプ台

息子の後ろ姿。ジャンプというようりは、重量挙げといった感じだが。
白馬ジャンプ台

ここに来たのは、10年ほど前のるるぶの取材以来だったか。ジャンプ台に登るのは今回で2度目。ジャンプ台へ登るための金属網階段の足元を見ると、高度感でぞわぞわしてしまいます。
八方尾根のゴンドラリフトも考えたけど、黒菱平から上は雲の中だったのと登山装備を何も持参していなかったので諦めました。

写真家人生2018年10月16日 09時16分

先生
写真家の小松紀三男先生が、84年の生涯に幕を閉じました。ご家族に見守られながら、ご自宅で静かに息を引き取られたということです。

広告写真の創世記から活動してきたコマーシャルフォトグラファーで、写真の黄金期を知っている数少ない写真家でした。

私の学生時代の先生であり、私の師匠の師でもありますが、飲み友達でもありました。ご自宅に伺ったときは、ワインを傾けながら写真の話に花を咲かせていました。楽しい時間をありがとうございました。そして、ご冥福をお祈りいたします。

おわら風の盆2017年09月01日 21時20分

おわら風の盆
次に行くときは、写真を撮らずに『おわら』に集中したいです。
おわらを撮影すると自分の下手さ加減を痛感します。フィルムの頃はストロボを使い慎重にシャッターを切っていたのでミスは少なかったけど、デジタルになって地明かりだけで撮影するようになってからはダメカットの多いこと。最新の機材を使えば、面白いように撮れるのかもしれませんが。坂の町は今頃、おわらの音色に染まっているのだろうな。写真は、上新町の大輪踊りの舞台。

おわら風の盆2017年09月01日 11時49分

おわら風の盆
今日から三日間は『おわら風の盆』の本番。おわらの哀調ある調べと雰囲気を味わいに行きたいけど、今年も仕事の関係で無理そうです。
週末に重なるから、人出も凄そう。
写真は『鏡町おたや階段』雲の浴衣を羽織った踊り手達。