一年前2020年11月29日 21時21分

一年前
一年前の今日は、仕事で軽井沢に行ってたらしい。この一年で世界は一変してしまいました。この時点では、想像もできなかったことだけど。
遠方へ行く仕事はほとんど無くなってしまったし。でも、相変わらず仕事は忙しく、体と気力がもたない気がしてきました。

北アルプスと紅葉2020年11月14日 14時47分

北アルプスと紅葉
何年か前の紅葉風景。確か前日に松本で撮影があり、そのついでに立ち寄った小川村のアルプス展望広場からの眺め。仕事でなければ、このシーズンに行けないよな。紅葉のタイミングもバッチリでした。
このあと、鬼無里村を通って白馬へ降りてみたけど、アルプスは雲の中に隠れてしまいました。

左から、鹿島槍ヶ岳・八峰キレット・五竜岳・唐松岳と不帰ノ嶮かな。

昭和の面影2020年10月27日 09時27分

昭和の面影
キックボードの少年と昭和家屋。タイムスリップしたかのような光景に、子供の頃に流行したローラースルーゴーゴーの記憶が蘇ってきました。欲しいとは思わなかったけど、みんな乗ってた気がします。

今日の撮影は延期になったので、RAW現像や溜まった事務処理に当てられそうです。

変貌2020年10月01日 09時02分

30年ほど前の仙川駅周辺
30年ほど前の京王線仙川駅周辺の風景。線路上に林立する高圧鉄塔が印象的でした。駅前といえば、トタン貼りの古びた自転車小屋と小さなロータリーを囲むように並ぶ、立ち食い蕎麦屋さんとアートコーヒーのお店があるだけの簡素な佇まいだったのを覚えています。今は、当時からは想像もできないほど、おしゃれな街に変貌してしまいました。
当時から変わらぬ佇まいを残しているのは、駅前のとんかつ屋さんと商店街の洋食屋さんくらいでしょうか。あと、西友もそうかな。

何気ない一枚の写真が、当時の記憶を蘇らせてくれます。

『特急あさま』と上野駅2020年09月30日 17時06分

特急あさま
いつ撮影したかは覚えてないけど、少なくとも30年以上は経過していると思われるリバーサルフィルム。同時期のネガカラーフィルムは、どれもビネガーシンドロームを起こしているけど、E-6現像されたリバーサルフィルムには褪色すらみられないのが驚きです。

多分、上野駅16番線でしょうか。この頃の上野駅は、北の玄関口という独特な雰囲気と旅情がありました。何より、故郷の北陸方面の夜行列車に乗るときは、なんとも言えない郷愁を感じたものです。

そう言えば、先日、上野駅を利用したとき、上野駅の公園口がお洒落な雰囲気に変貌していました。