α7c2021年01月20日 23時07分

α7c
私のカメラじゃないけど。これでフルサイズとは、とてもコンパクト。
今日はJPS事務局でリモート会議。午前は委員会で、午後は別の会議。密を避けるために、事務局内でもリモートという不思議な状況でやっていました。でも、実際に仲間と顔を合わせるのは良いものです。

取り込んだ洗濯物のズボンのポケットから、何かが出てきたと思ったら、クルマのスマートキーでした。またしても、やってしまった。

プロサービス2020年11月30日 22時53分

プロサービス
新宿に移動したプロサービスに初めて行ってきました。銀座に比べてこじんまりとしているけど、家から近くなった分、ありがたいです。

撮影中にマクロレンズのAFが利かなくなり、マニュアルフォーカスで撮影しました。浅い被写界深度で撮影することが多いので、薄暗い中でのピント合わせは大変です。どうやら、AFに慣れ過ぎて弱体化しているようです。故障箇所は、超音波モーターということでした。でも、10年近く使い続けて、初めての故障。やはり、ニッコールレンズの信頼性は別格ですね。この一本で、どのくらい稼ぎ出してくれているのかと考えると凄さを感じます。

ミラーレスカメラ2020年09月23日 16時15分

招き猫
これまでの仕事では、ミラーレスカメラの必要性を感じなかったのだけど、小さなバッグに入れて持ち歩くことを考えると、小型軽量のフルサイズミラーレスカメラは確かに魅力的。今後の仕事展開を考えると、有効なのかもしれません。ニコンから出た、新しいミラーレスカメラを検討してみようかな。とりあえず使ってみてからか。はたして、招き猫となってくれるか。

カオス状態2020年08月08日 21時47分

スナップショット
私が言うのもなんだけど、カメラ、レンズ業界は、もはやカオス状態。
何を目標としているのかが見えない状況。カメラの量販店を覗いてみても、カメラ、レンズコーナーは閑散とした状態。
ミラーレスカメラで高画質を求めるのは理解できるけど、現状は一眼レフデジタルカメラで充分に仕事はこなせてしまいます。と言うよりも、私の仕事レベルでは、ミラーレスカメラの性能はオーバースペック過ぎて理解できる人はいない感じ。

先日、仲間の写真家に「なぜ、カメラにバッテリーパックを付けてるの」と聞いたところ、カメラとレンズが大きい方が、お客受がするからと言う答えが帰ってきました。^^

光学性能だけを求めた中途半端なミラーレスカメラを出すくらいなら、他社が追従できない一眼レフカメラで勝負した方が有益だと思うのですが。

最近の『Nikon D500』の値上がり具合が気になるこの頃。良いカメラは、必然的に売れるという証のような。
「D850の後継が出ないなら、もう一台、D850かD500を買おうかな。」

大判レンズ2020年07月28日 15時55分


大判レンズ
絞りをF32に絞ったところ。目盛りは1/3絞りずつ刻まれています。クリックがないので、さらなる中間絞りの使用も可能。でも、多少の遊びがあるので正確性は微妙なところ。正確に絞りを合わせるために、一度開放にしてから絞り込んでた記憶があるな。

大判レンズ
絞りをF64まで絞った状態。ここまで絞って撮影することは、ほとんどなかったです。

大判レンズ
シャッターレバー。レバーを内側に押せば、シャッターが切れます。

大判レンズ
赤ポチが見えている状態でフィルムホルダーの引き蓋を引いてしまうと...、感光してしまいます。何度同じミスをやったことか。涙


久しぶりに、空シャッターを切ってレンズのメンテナンス。今も問題なく使えそうです。以前見たとき、カメラの蛇腹に光線漏れがあったので、黒のパーマセルテープで補修しています。

このレンズは、210mm。4X5なら標準レンズより少し長めの焦点距離。6X7で使えば、中望遠といった感じです。撮影する被写体によっても変わりますが、いちばん汎用性が高く使用頻度の多いレンズでした。

果たして、また使用する日が来るでしょうか。仕事で使うことはないだろうから、作品撮影用にするか。モノクロなら皿現ができるので、その気になればという感じです。しかしながら、T-MAX100  50枚入りが35,000円という驚愕の価格。イルフォードなら手が出そうだけ、25枚でも持て余してしまうだろうな。いっそのこと、8X10に拡張するか。