大判レンズ2020年07月28日 15時55分


大判レンズ
絞りをF32に絞ったところ。目盛りは1/3絞りずつ刻まれています。クリックがないので、さらなる中間絞りの使用も可能。でも、多少の遊びがあるので正確性は微妙なところ。正確に絞りを合わせるために、一度開放にしてから絞り込んでた記憶があるな。

大判レンズ
絞りをF64まで絞った状態。ここまで絞って撮影することは、ほとんどなかったです。

大判レンズ
シャッターレバー。レバーを内側に押せば、シャッターが切れます。

大判レンズ
赤ポチが見えている状態でフィルムホルダーの引き蓋を引いてしまうと...、感光してしまいます。何度同じミスをやったことか。涙


久しぶりに、空シャッターを切ってレンズのメンテナンス。今も問題なく使えそうです。以前見たとき、カメラの蛇腹に光線漏れがあったので、黒のパーマセルテープで補修しています。

このレンズは、210mm。4X5なら標準レンズより少し長めの焦点距離。6X7で使えば、中望遠といった感じです。撮影する被写体によっても変わりますが、いちばん汎用性が高く使用頻度の多いレンズでした。

果たして、また使用する日が来るでしょうか。仕事で使うことはないだろうから、作品撮影用にするか。モノクロなら皿現ができるので、その気になればという感じです。しかしながら、T-MAX100  50枚入りが35,000円という驚愕の価格。イルフォードなら手が出そうだけ、25枚でも持て余してしまうだろうな。いっそのこと、8X10に拡張するか。

カットホルダーのフィルム詰め2020年04月22日 11時38分

カットホルダー
その昔、アシスタントをしていた頃は、毎日のように4x5のカットホルダーにフィルムを詰めていました。感光のリスクを最小限に抑えるためにも、いち早く詰めることが求められます。しかし、当然ながらミスは絶対に許されません。何も見えない真っ暗な暗室で、フィルムをホルダーに詰める作業。シートフィルムのノッチとヘリに指をかけて、引き蓋の下にあるガイドに滑り込ませるように装填します。フィルムはカールしていることもあるので、焦るとガイドになかなか入らないときがあります。間違ってもフィルムの乳剤面は触ってはいけないので、カールがひどいときはガイドに隠れるフィルムの端部分を最小限だけ押さえてガイドに導きます。さらに厄介なのは、撮影現場でフィルムを補充するとき。ダークバックを使ってのフィルム詰めは、本当に神経を使います。今に思えば、懐かしい作業です。

私がフリーで仕事をするようになったとき、スタジオではカットフォルダーを使ってましたが、ロケや屋外の撮影はクイックロードタイプのフィルムを主体に使うようになりました。

ビューカメラ2020年04月22日 09時37分

ビューカメラ
もう使う機会がなくなった、4x5のビューカメラ。フィルムを買えばいつでも撮影できますが、フィルムは現役として使っていた頃の数倍の値段に跳ね上がっていて、とても手が出せない感じです。
9割以上は仕事使用でしたが、ときどき作品も撮っていました。このカメラは、しっかりとしたイメージを思い描いて撮影しなければ、まともな写真にならないところが面白いです。

カーボン三脚2020年02月04日 10時37分

カーボン三脚
電車での移動も考慮して、楽に持ち運びのできる小型のカーボン三脚を導入。値段の割にしっかりとしているので、仕事にも問題なく使えそうです。しかしながら、クイックシュー雲台がどうにも苦手なので、そこだけが難点。

NIKON D5002019年09月15日 16時09分


NIKON D500

NIKON D500

NIKON D500

NIKON D500

NIKON D500

『Nikon D500』どこから見るのが格好良いか、角度を変えながら観察。
側から見れば、今更という感じでしょうが、これほど高性能なボディーを発売当時では考えられないほどの低価格で手に入れられるメリットは大きいです。もし仮に、APS-Cの新しいカメラが発売になったとしても全く後悔はありません。
私の手にしっくりくるサイズ感。機動力を必要とする撮影に力を発揮してくれそうです。D100からD500まで、このシリーズはD300を除いて全て手にしたことになります。